お風呂での水漏れなど水道トラブル発生時の修理方法

家の中でも大量に水やお湯を使うお風呂は、水漏れなどの水道トラブルが起こりやすい場所です。蛇口やシャワーだけではなく、給湯器や排水口など思わぬ箇所から漏れることもあります。どういった状況でも適切に対処できるよう、ケース別に原因と対処法を把握しておきましょう。

■お風呂での水漏れの原因箇所と対処法

よくあるのが蛇口からの水漏れで、原因のほとんどは内部にあるパッキンの劣化です。ホームセンターなどで購入して交換すれば直るはずですが、改善されないようなら業者に相談してみてください。パイプの損傷などほかの原因が考えられます。なお、一般的に蛇口の寿命は10年から15年程度といわれています。もし寿命を迎えているようなら、部品の交換ではなく、蛇口ごと交換することをおすすめします。
給湯器からの水漏れもありがちなトラブルです。原因として、給排水ホースの故障や内部パーツの劣化などがありますが、素人では判断が難しいのが実情です。こちらもだいたい10年程度で寿命を迎えるといわれています。できれば業者へ相談したうえで、修理するか給湯器 交換するかを検討するのが良いでしょう。
浴槽の排水口はふたつあります。お湯をためるためのゴム栓が劣化することによる水漏れであれば、ゴム栓を交換すれば大丈夫です。サイズを確認して交換します。浴槽と給湯器をつなぐ配管部分から漏れているようなら、自分での修理は難しいため業者へ依頼するようにしましょう。

■お風呂の水道トラブルを防ぐためには

トラブルが発生すれば早めの対処が必要ですが、もちろんトラブルが起きないにこしたことはありません。トラブルのリスクを少しでも低下させるために、普段からの利用方法に気をつけることは大切です。具体的にはこまめに掃除をすることです。お風呂は石けんのカスなどアルカリ性の成分が残りやすく、抜け毛などが絡みつくことで詰まりの要因となります。また、体から出る皮脂の汚れも同様に詰まりを引き起こします。ほかにも、水垢やカビなどさまざまな汚れが発生する場所だと認識してお手入れしましょう。掃除だけではなく、換気に気を配って乾燥させておくことも効果的です。汚れをためると不衛生なだけではなく、水道トラブルの原因になりかねないことを知っておきましょう。

■まとめ
お風呂の水道トラブルが起こったら、原因を特定して速やかに対処することが大切です。また日ごろからメンテナンスをし、使い方に注意して清潔に保つこともトラブル回避につながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ