給湯器の水漏れは水道修理業者へ相談しよう

給湯器のトラブルで多いのが水漏れです。大きな問題がないケースもありますが、中には放っておくと事故を誘発するおそれがある水漏れもあります。そのため、給湯器から水が漏れる原因と対処法について知っておくことは大切です。

■給湯器から水が漏れる原因

給湯器の水漏れにはさまざまな原因があり、なかでも多いのは部品の劣化によるものです。内部に多く使われているゴム製の部品が年数を追うごとに弾力を失い、すき間からの水漏れを引き起こします。ゴム以外にパイプのサビもよくあり、いずれも長く使用することによる経年劣化と言えます。このようなケースであれば、給湯器 修理が必要になるため、水道修理業者へ相談したほうが良いでしょう。
反面、特に問題がないケースもあります。たとえば水抜き栓から水が出てくるようなら、バルブが緩んでいるだけの可能性があります。この場合はバルブを締め直せば問題ありません。また、長期間にわたって未使用だった場合でも水漏れを起こすことがあります。水抜き栓から水を出し、内部の圧力を下げたあとにお湯が出るようならこちらも問題ありません。

■給湯器のトラブルは業者へ相談するのがおすすめ

基本的に、水抜き栓から水が出ているのであれば問題はありません。しかし、確認中にほかの部品を触ってしまい、故障を誘発するおそれがないとは言えず、やはりプロである水道修理業者へ相談するのがベストな選択肢ではあります。仮に水漏れの原因が部品の緩みであっても、給湯器の機種によって調整方法は異なります。給湯器は水道の配管やトイレに比べて作りが複雑なため、手順を間違えるとケガをしたり故障させたりするおそれがないとも言えません。そのため、予算との兼ね合いにはなりますが、できる限り業者へ相談することをおすすめします。
なお、水漏れを放置した場合、不完全燃焼につながるリスクがあるのも知っておきましょう。不完全燃焼を起こすと、安全装置の働きでガスの供給はとまりますが、正常に動作しないようだと一酸化炭素中毒を引き起こします。こういった事態を未然に防ぐためにも水漏れは決して放置せず、業者へ点検を依頼したり、修理や交換を検討したりと早めの対処が必要です。

■まとめ
給湯器にトラブルがあると生活が不便になるだけではなく、一酸化炭素中毒など重大な事故につながることもあります。異常があれば早めに業者へ相談して給湯器の点検をしてもらい、状況に応じて交換や修理など適切な対処をすることが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ