知っておきたい水道修理の基本

知っておきたい水道修理の基本 お風呂やトイレやキッチンなど、水道は日常生活において欠かせないライフラインですが、水漏れなどのトラブルが発生するとたちまち不便な暮らしを余儀なくされてしまいます。そのため、修理は速やかに行わなければなりません。もしものときに備えて基本的な知識は頭に入れておくようにしましょう。トラブルの対処方法としては、ナットを締めたりパッキンなどの部品を交換したりする簡単なものから、業者へ依頼が必要なものまでさまざまです。状況に応じて適切に対応できるよう、最低限のポイントは押さえておくようにしましょう。

■水道のトラブルには慌てず落ち着いて対処を

水回りのトラブルは突然起こります。日々使うものですから、知らないうちに部品や製品自体が劣化するほか、外的な要因で発生することもあります。急に蛇口から水が漏れてきてとまらなくなったり、帰宅時に床が水浸しになっていたりすると焦ってパニックになりがちですが、何よりも大切なのは落ち着くことです。そして、原因を確認するより前に、まずは止水栓で水をとめましょう。止水栓さえ閉めれば水はとまります。そのため、止水栓の場所だけでも普段から意識しておきたいものです。
水回りのトラブルに限らずトイレリフォームも、専門業者へ依頼するとどうしても費用が発生します。そのため、できる限り自分で対処したいと考えるのは自然な流れです。焦って業者へ連絡する前に、修理前の応急処置ができないか確認することも大切です。

■自分で直すか業者へ依頼するか
トイレを例にあげてみると、もし水がとまらないようなら、タンク内にある部品の位置がずれていないか、止水栓が開きすぎていないか、ナットが緩んでいないかなどを確認します。これらが原因のようなら、例えば位置のずれなら直すとあっさりと解決するケースもあります。また、洗濯機から排水できないトラブルであれば、排水フィルターにごみが詰まっていないか、排水ホースが外れていないかなどをチェックします。
これらのように、業者へ依頼するまでもなく修理が終わるケースも少なくありません。焦る気持ちを押さえて、ひと通りの確認と対処は試みるようにしましょう。しかし、よく原因がわからなかったり、自分で手に負えない状況だったりするのであれば業者へ連絡する方が確実です。やはりプロですから、スピードや的確さ、仕上がりやアフターまで考えると差は歴然です。

■失敗しない業者の選び方

水道 修理業者へ依頼する際に押さえておきたいポイントがいくつかあります。まず、社員教育が徹底されている業者はおすすめです。電話時や対面時には、言葉遣いは丁寧かどうか、清潔感のある服装かどうかなど、スタッフの印象をチェックしてみてください。社会人として基本的なマナーではありますが、しっかりした業者であるほどこれらのマナー教育は徹底しています。スタッフの姿勢はそのまま企業の教育方針を表しています。現場のスタッフだけではなくコールセンターのスタッフに対しても、誠実な対応ができているかを厳しく見ておくと良いです。
ほかに確認しておきたいのは、クレジットカードでの決済が可能かどうかです。トラブルは平日の昼間に起こるとは限らず、深夜や休日に発生することも多々あります。そんなときでも、支払い方法を気にせずに利用できれば、ほかにあれこれと対応が必要な緊急時において便利です。

■まとめ
基本的な知識があれば、水回りのトラブルが起こっても冷静に対処できるはずです。トラブル発生時に落ち着いて対処できるように日頃から準備をしておきましょう。水漏れなどのトラブルは対処の仕方によっては後々まで尾を引くこともあるため、費用面だけで判断せず、自力での対応が難しい場合は業者への依頼を検討することも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース